トピックス

上田電鉄『別所線』全線再開に向けて

2020年10月08日

 上田電鉄(上田市)は、昨年10月の台風19号で被災した別所線(上田―別所温泉間、11・6キロ)について、来年3月28日に全線運行再開を目指すと発表しました。

 同線は、千曲川に架かる赤い鉄橋「千曲川橋梁(きょうりょう)」が崩落し、今も上田―城下間で代行バスの運行が続いています。同社は「本年度中に復旧工事を終える見通しが立った」としました。

 1924(大正13)年に架けられた千曲川橋梁は、全長224メートルのうち左岸側の44メートルが台風の影響で崩落。上田市諏訪形の左岸堤防も欠け、それぞれ復旧を進めています。

 千曲川橋梁は、流失した橋台が6月に完成。台風シーズン後の11月以降に橋脚の補強などに入り、来年2月末までには橋桁を載せ、再び両岸がつながる見込みということです。


トピックス一覧へ戻る